【コメダ珈琲】持ち帰りできる?食べきれない時の対処法

本ページのリンクには広告が含まれています

コメダ珈琲のメニューって、ボリュームがすごいですよね。特にピザトーストや味噌カツパンなんかは、一人で食べるにはかなりの量。もし食べきれなかったら、店員さんにお願いしてテイクアウトすることも可能です。ただし、持ち帰りができるメニューとそうでないメニューがあるので注意が必要です。

この記事では、コメダ珈琲のフードやドリンクの量が多い理由と、その対策についてお話しします。

コメダで食べきれない理由とは?

コメダ珈琲のフードやドリンクは量がたっぷり。その理由を見ていきましょう。

コメダ珈琲のフード・ドリンクのボリュームが多い理由

コメダ珈琲のサイズが大きいのは、「さまざまな層の人々に満足してもらうため」です。子供から年配の方まで、幅広い顧客層に対応するため、メニューは大きめのサイズに設定されています。お腹を空かせた人がお腹いっぱいになれるように、またグループで訪れた際にいろいろな料理をシェアできるようにという考えがあるのです。

コメダ珈琲のボリューム満点メニュー

コメダ珈琲には特にサイズが大きいと評判のメニューがいくつかあります。

まず、同店の看板デザートであるシロノワール。たっぷりのクリームが乗ったサイズも大きく、食べ応えのある逸品です。小食の方には、シロノワールとドリンクのセットだけで十分かもしれません。

また、パン系メニューも大きさに定評があります。味噌カツパンやカツカレーパンなどは最初からカットされて提供されることが多いですね。これはシェアしやすく、持ち帰りやすいようにするための配慮です。

ピザトーストについても、そのボリュームに驚く声が多数。食パンサイズにも関わらず、具材がたっぷりで満足感があります。

ビッグサイズの注文に不安がある場合は、後述するテイクアウトやミニサイズの利用を検討してみてください。コメダ珈琲は少し価格が高めですが、その分ボリュームがあるのでコスパは悪くないと言えます。

【コメダ珈琲】大盛りメニューの対応策

コメダ珈琲のメニューは、フードもドリンクもたっぷりサイズ。そのため、複数人で来店するのにピッタリです。いろんなメニューを注文してシェアしたり、食べきれなかった分を他の人に分けたりできるのが魅力です。一方で、食べきれないリスクも。お腹がいっぱいになって残すと、罪悪感を感じてしまうこともありますよね。そこで、食べきれなかった場合の対処法について見ていきましょう。

コメダ珈琲での大量メニュー対策:持ち帰りを活用

時々、コメダ珈琲のメニューの量が多すぎて食べきれないことがありますよね。そんな時に感じる罪悪感を避けるためにも、持ち帰り(テイクアウト)を考えてみるのが良いでしょう。ここでは、食べきれない時の対処法についていくつかの方法をお伝えします。

量が少ないメニューを選ぶ

まず、注文する際に量の少ないメニューを選ぶことです。コメダ珈琲の全メニューが大盛りサイズというわけではないので、特に大きいメニューを避けることができます。サイズが大きいとされるのは、カツパン、サンドイッチ、まんぷくプレートなど。一方、普通のサイズになるのは、バーガー、ミニサンド、ホットドッグなどです。サラダも他店と同様の大きさです。注文前にTwitterやInstagramでメニューをチェックしておくのがおすすめですが、公式サイトのメニュー表が実際のサイズと異なることがあるので注意が必要です。

複数人でシェアする

複数人でコメダ珈琲に行くと、大きいサンドイッチも分け合って食べることができます。2人であれば一人分のサイズになり、3人ならポテトなどのバスケット系メニューを頼むのも良いですね。4人で行けば、さまざまなメニューを試すことができます。ただし、お昼時には席を待つ可能性があるので、時間をずらして来店することをおすすめします。

食べきれなかった場合のテイクアウト

食事中に食べきれないと思ったら、店員さんにテイクアウトできるかを尋ねてみましょう。多くの店舗ではテイクアウトが可能ですが、店舗によっては対応していない場合もあります。

サンドイッチなどは最初から分割されているので、持ち帰りがしやすいです。ただし、全てのメニューがテイクアウト可能というわけではなく、長期保存に適さない食材を使用しているメニューは対象外です。

例えば、生野菜、卵ペースト、ソフトクリームを使ったメニューや、ビーフシチューのような料理自体がテイクアウトに向かないものもあります。ドリンクを注文した際にもらえる豆菓子も一緒に持ち帰りましょう。

テイクアウトを上手く利用することで、残す罪悪感なくコメダ珈琲を楽しむことができますよ。

コメダ珈琲での食べ残しは心配無用!

これまでに、コメダ珈琲のメニューを食べきるためのアイデアをいくつかご紹介しました。でも、もしコメダ珈琲で料理を残してしまっても、それが悪いことではありません。

たしかに、食べ残しに対して申し訳なく感じることもあるかもしれませんが、大盛りメニューなので残す人は結構多いんです。そこで、料理を残すこと自体は珍しくないことと心得ておいてください。

店員さんに「美味しかったですが、食べきれませんでした」と伝えれば大丈夫です。無理して食べる必要も、必ず持ち帰る必要もありません。

また、以下の方法もおすすめです。

普通のサイズを選ぶ

コメダ珈琲の量が多いメニューに対処する方法として、普通のサイズのメニューを選ぶのも一つの手です。例えば、小さめのバーガーやミニサンド、ホットドッグなどが適しています。サラダも、他のお店と比べて特に大きいわけではありません。

複数人での来店を検討

2人から4人でお店に行くと、大きいサンドイッチやバスケット系のメニューをシェアして、一人分のサイズで楽しむことができます。グループでさまざまなメニューを楽しむことができるのも、コメダ珈琲の魅力の一つです。

テイクアウト可能なメニューの選択

また、食べきれなかった場合に備えて、テイクアウトが可能なメニューを選ぶのも良い方法です。サンドイッチなどは、テイクアウトしやすいように最初から分割されていることが多いです。

食べ残しても大丈夫

結論として、コメダ珈琲で食べ残してしまっても心配することはありません。大盛りサービスがあるため、食べきれないことは珍しいことではなく、店員さんも理解しています。無理に食べたり、持ち帰ることに固執する必要はなく、リラックスしてコメダ珈琲を楽しんでください。

コメダのピザトースト、食べきれなかったらどうする?

コメダ珈琲のピザトーストは、残念ながらテイクアウトができません。これは「玉子ペースト」を使っているため、衛生上の問題から持ち帰りができないんです。なので、長居しながらゆっくりと食べるのがおすすめ。それでも食べきれなかった場合は、残すしかありません。ミニサイズのオプションもないので、残しても店員さんは気にしませんよ。

コメダの味噌カツパン、食べきれない時の対策は?

味噌カツパンもかなりのボリュームがありますが、こちらはテイクアウトが可能です。最初からカットされているので、食べやすく持ち帰りにも便利。ハーフサイズはありませんが、食べきれない時は店員さんにテイクアウトをお願いしましょう。

カツカリーパンもテイクアウトOK!

カツカリーパンもボリューミーですが、タマゴやクリームを使っていないためテイクアウトが可能です。途中で持ち帰りを希望する時は、店員さんに声をかけて、テイクアウト用の容器をもらいましょう。

シロノワールを食べきれない時の工夫

コメダ珈琲の名物メニュー、シロノワールはそのサイズの大きさからデザートとしても食べきれないことがあります。通常はクリームを使っているので、テイクアウトは難しいですが、ミニサイズを注文するか、ソフトクリームをホイップに変更してもらうことで持ち帰ることができます(店舗によっては不可の場合もあります)。ただし、甘いドリンクと一緒に頼むと、食べきれなくなることもあるので注意が必要です。

【コメダ珈琲】持ち帰りできる?食べきれない時の対処法まとめ

コメダ珈琲では、少し値段が高いですが、その分サイズが大きいメニューが豊富です。一人で来店した際には食べきれないこともあるかもしれませんが、多くのメニューでテイクアウトが可能なので心配はいりません。タマゴ、野菜、クリームを使わないメニューなら、持ち帰りが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です