【スタバ】ドリンクのサイズ・容量・呼び方を徹底解説

【スタバ】ドリンクのサイズ・容量・呼び方を徹底解説

本ページのリンクには広告が含まれています

スターバックスのドリンクサイズには、「S、M、Lサイズ」という呼び方はありません。スタバでは、以下の4つのサイズ名でドリンクを提供しています。

  • ショート(Short):240ml
  • トール(Tall):350ml
  • グランデ(Grande):470ml
  • ベンティ(Venti):590ml

これらのサイズ名は聞きなれないかもしれませんが、ショートが最も小さく、ベンティが最も大きいという感じです。

しかし、具体的な容量の違いや、それに伴う価格やカロリーについてはどうでしょうか?

この記事では、スターバックス独自のサイズ表記や、各サイズの容量、価格、カロリーなどの基本的な情報から、どのサイズがコスパがいいのかまで詳しく説明していきます。

一度理解してしまえば、スタバのサイズに戸惑うことはありません。レジで注文する際にもスムーズに選べるように、予習しておくことをおすすめします。

スターバックス・ドリンクサイズ名と容量

スターバックスのドリンクサイズは、通常のS、M、L、LLといった呼び方ではなく、独自の名前が使われています。

以下に、それぞれのサイズ名と容量をご紹介します。

  • ショート(Short):240ml
  • トール(Tall):350ml
  • グランデ(Grande):470ml
  • ベンティ(Venti):590ml

この表記が一般的なS、M、L、LLに対応します。

ただし、これらの容量を”ml”で表現するとピンとこないこともあるかもしれません。

そこで、各サイズの容量や適したシーンを詳しく見てみましょう。

【ショート(Short)】

ショートサイズは、スターバックスで提供される中では最も小さいサイズで、容量は240mlです。

これは、一般的な250mlの缶コーヒーとほぼ同じ量です。

また、日本でよく見かける小さめのマグカップの容量も250mlなので、ほぼ同じだと考えていただければと思います。

ショートサイズは、軽く一息つきたいときや、普段の飲み物の量を注文する際に選ぶのに適しています。

ただし、季節限定商品を除いて、メニューにショートサイズが載っていないことがあるため、見当たらない場合は店員に尋ねてみるか、スターバックスの公式ウェブサイトで全ドリンクのサイズ展開を確認してみてください。

【アイスドリンクの場合】

アイスドリンクの場合、ショートサイズの容量は240mlではなく、300mlになります。

【トール(Tall)】

日本のスターバックスで最も一般的なサイズは、トールサイズで、容量は350mlです。

トールサイズはメニュー表に大きく表示されており、一般的な缶ジュースと同じくらいの容量です。

調査によれば、スターバックスの利用者が最も多くオーダーするのもトールサイズだと言われています。

トールサイズは、ショートサイズでは少し足りないと感じる場合に最適な選択です。

どのサイズを選べばいいか迷った際には、トールサイズが安定のおすすめです。

【グランデ】

スターバックスのグランデ(Grande)は、容量が470mlで、ペットボトル1本よりもわずかに少ない量です。

おおよそショートサイズの2倍の容量となります。

忙しい仕事や勉強の合間に、たっぷりとコーヒーを楽しみたい方にとって、このサイズは最適です。

【ベンティ】

スターバックスの中でもっとも大きなサイズがベンティ(Venti)で、容量は590mlです。

これは一目で大きさがわかるほど、通常の500mlペットボトルよりも大きな容器です。

他のコーヒーチェーン店のLLサイズに匹敵します。ベンティサイズを注文すれば、1つのドリンクを2人でシェアすることも可能です。

また、アメリカのスターバックスでは、ベンティよりもさらに大きなトレンタ(Trenta)というサイズも提供されており、約910mlという驚異的な容量です。

アメリカらしい、大胆なサイズ展開ですね。

【エスプレッソのサイズ展開】

エスプレッソに関しては、通常の4つのサイズではなく、Solo(ソロ)30mlとDoppio(ドピオ)60mlという2つのサイズが提供されています。

したがって、グランデやベンティのようなサイズ名はエスプレッソにはありませんが、一番大きいサイズを注文する場合、例えば「Lサイズ」と伝えても、スターバックスのスタッフは理解してくれるでしょう。

サイズと価格

各ドリンクの価格は、サイズと種類によって異なります。例として、ドリップコーヒー(本日のコーヒー)のサイズと価格を見てみましょう。

  • ショート(Short) 240ml:350円
  • トール(Tall) 350ml:390円
  • グランデ(Grande) 470ml:435円
  • ベンティ(Venti) 590ml:480円

このように、スターバックスではサイズが上がるごとに価格も40~45円ずつ上昇します。

ドリップコーヒー?本日のコーヒー?

スターバックスのドリップコーヒーには、異なる銘柄がいくつかあり、季節や場所によって変わります。

また、店舗によってはその日の提供メニューを決めることもあります。

このような理由から、常に同じ豆を使わないため、その日のドリップコーヒーを「本日のコーヒー」とも呼びます。

本日のコーヒーの銘柄について

レジ横に銘柄の札があります

レジの横に掲示された札を見れば、その日のコーヒー豆の銘柄が分かります。

どのサイズが一番お得?

コスパ的にはどのサイズが一番お得なのでしょうか?ドリップコーヒーを一例に見てみましょう。

サイズ ショート トール グランデ ベンディ
240ml 350ml 470ml 590ml
値段 350円 390円 435円 480円
100m当たり 146円 111円 93円 81円

100ml当たりの価格を見ると、ベンティが非常にお得ですね。ショートサイズはコストパフォーマンスが低いことがわかります。

単価で比較するよりも、以下の方法の方が理解しやすいかもしれません。

ショート(Short)とベンティ(Venti)のドリンク量は約2.5倍異なります。

ショートは350円なので、ベンティサイズなら2.5倍の875円になるはずです。

しかし、実際には480円です。

その差はわずか130円。

130円多く払うだけで、ショートの2.5倍のドリンクを楽しむことができるので、非常にお得です。

ドリップコーヒーを例に挙げましたが、他のドリンクでも同様にベンティサイズが最もコストパフォーマンスが高いことが多いです。

サイズによってエスプレッソの濃さが変わる

スターバックスのラテなど、エスプレッソを含むドリンクは、サイズによって濃さが異なります。

スターバックスでは、ドリンクに混ぜるエスプレッソの量を「ショット」と表現しています。(1ショット=30cc)

したがって、ショートサイズには1ショット、グランデサイズには2ショットのように、30cc単位でエスプレッソが加えられるため、サイズに応じてエスプレッソの比率が変わります。

以下に、各サイズごとのエスプレッソの比率を示しました↓

容量 エスプレッソ量 割合
ショート 240ml 1ショット 30cc 13%
トール 350ml 1ショット 30cc 9%
グランデ 470ml 1ショット 60cc 13%
ベンティ 590ml 1ショット 90cc 15%

この表を見れば分かるように、トールサイズはエスプレッソの割合が最も少ないため、コーヒー感が控えめです。

逆に、ベンティサイズは最も濃厚です。

コーヒー愛好者は、この違いを意識してサイズを選ぶことがあります。

トールサイズで少しでも濃い味わいを楽しみたい場合は、追加料金55円で1ショット追加できるので、注文時にリクエストしてみてください。

多量の飲み物のデメリット

 

逆に多量の飲み物には、以下の3つのデメリットが存在します。。

多量の飲み物を注文すると、飲み終わるまでに時間がかかるため、以下のようなデメリットが。

  • ホットな飲み物は冷めやすい
  • アイスの場合は氷が溶けて味が薄まりやすくななる。
  • 最後の一滴まで熱々または冷たいままで楽しみたい→量が多いのは望ましくない

そんな時に便利なのが、下記にてお話しする「ワンモアコーヒー」サービスです。

おかわりサービスで2杯目が110円

ドリップコーヒーを注文すると、「ワンモアコーヒー(One More Coffee)」と呼ばれる、いわゆる「おかわりレシート」がもらえます。

このレシートがあれば、同じサイズのドリップコーヒーを追加で一杯、110円で楽しむことができます。

また、カフェミストも165円で提供され、ワンモアコーヒーが利用できます。

リーズナブルな2杯目コーヒー

 

スターバックスでドリップコーヒーを注文すると、「ワンモアコーヒー(One More Coffee)」として知られる特別な「おかわりレシート」が手に入ります。

このおかわりレシートを持っていれば、同じサイズのドリップコーヒーをさらに一杯、わずか110円で楽しむことができます。

同様に、カフェミストを注文した場合も、おかわりレシートを利用してワンモアコーヒーを楽しむことが可能です。

グランデ?ベンティ?言葉の謎

 

ショート(Short)は英語で「短い」という意味です。

同様に、トール(Tall)も英語で「高い」という意味です。

これらのサイズ名はなじみのある英語であり、理解しやすいでしょう。

一方で、グランデとベンティはイタリア語の言葉です。

イタリア語で「グランデ」は「大きい」という意味を持ち、「ベンティ」は「20」という数字を指します。

イタリア語では液体の容量を表す単位としてオンスが使用され、20オンスはmlに換算すると590mlになります。

したがって、「ベンティ」は20オンスの意味を持つサイズ名です。

また、アメリカなどで提供されている「トレンタ」は「30」を意味し、30オンスに相当する約910mlの容量を指します。

一見すると、これらのサイズ名には一貫性がないように見えますが、その理由は「グランデの響きが英語の「Grand(豪華な、贅沢な、壮大な)」と連想されるため」と言われています。

実際、英語のGrandは「豪華な、贅沢な、壮大な」といった意味を持ち、その響きがスターバックスのブランドイメージに合致すると判断されたため、サイズ名として採用されたと考えられます。

サイズの名前にも、スターバックスのブランドに対する細かな配慮が感じられますね。

タンブラーの容量

スターバックスのタンブラーは、自分のお気に入りのマイタンブラーにドリンクを注ぐと、紙カップよりもおしゃれで楽しい飲み物になります。

さらに、タンブラーは保温や保冷の機能もあり、ドリンクを長く楽しむことができます。

代表的なタンブラーサイズは以下の通りです:

  • トール(Tall): 350ml
  • グランデ(Grande): 470ml

自分のタンブラーを持参する際、そのタンブラーのサイズに合わせてドリンクを注文する必要はありません。

タンブラーのサイズよりも小さいドリンクを注文し、店内にある無料の無脂肪乳をたっぷり加えて飲むこともできます。

また、タンブラーやマグカップを持参すると、ドリンクの購入代金から22円割引きになるエコ割引が適用されます。

スターバックスは紙カップの削減を促進するため、他メーカーのタンブラーやマグカップに対してもこの割引を提供しています。

まとめ

スターバックスのドリンクサイズはショート、トール、グランデ、ベンティの4つがあり、容量は小さい順から大きい順になっています。

サイズが大きくなるとお得になるため、飲みきれる量を選択する際に注意が必要です。

特にベンティサイズはカロリーが高いため、摂取には注意が必要です。

スターバックスへの初めての訪問は戸惑うこともあるかもしれませんが、この記事がスターバックスを楽しむ手助けとなれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です