【スターバックス】持ち帰りテイクアウト情報&オススメメニュー

【スターバックス】持ち帰りテイクアウト情報&オススメメニュー

本ページのリンクには広告が含まれています

スターバックスでは、ゆっくり店内で過ごすのも、テイクアウトして外で楽しむのも自由自在。

テイクアウト時でも、スターバックス特有のおいしいドリンクやフード、心温まるホスピタリティを存分に感じることができます。

持ち帰りに追加料金はかかりませんので、仕事や遊びの際にも気軽にスターバックスを楽しむことができます。

スターバックスでドリンク・フードのテイクアウトはできる?

スターバックスでは、提供される全てのドリンクやフードをテイクアウトすることができます。

店内で味わうのも良し、持ち帰って楽しむのも良しです。コーヒーやエスプレッソ、フラペチーノなどの飲み物はもちろん、ケーキやペストリー、サンドイッチなどのフードもテイクアウトできます。

ただし、デザート類はテイクアウトする際に店員に伝え、適切に梱包してもらう必要があります。

店舗によって取り扱う商品は異なりますが、コーヒー類やエスプレッソ、さまざまなフラペチーノ、ティー、その他のドリンク、デザート、ペストリー、サンドイッチ、パッケージフードなど、多彩な商品を取り揃えています。

これらはあくまで一例で、地域や店舗、季節によって異なる商品やサービスが提供されることもあります。

具体的な商品やサービスについての詳細は、スターバックスの公式ウェブサイトを確認するか、直接店舗にお問い合わせすることをお勧めします。

スタバのドリンク・フードをテイクアウトするメリット

スターバックスのドリンクやフードをテイクアウトすることには、いくつかの利点があります。

一つ目は、忙しい日々や外出中でも、簡単においしいコーヒーや食事を楽しめることです。

また、テイクアウトすると、複数の人とシェアする機会が得られ、様々なメニューを試すチャンスも広がります。

加えて、スターバックスのテイクアウト用カップや容器は環境に優しい素材を使っており、ほとんどがリサイクル可能です。

消費税の面でも、店内利用の10%に対してテイクアウトは8%と、少しだけお得です。

  • 店内利用: 本体価格+消費税10%
  • テイクアウト: 本体価格+消費税8%

スタバのドリンク・フードをテイクアウトするデメリット

スターバックスは「サードプレイス(第三の居場所)」というコンセプトで運営されています。

これは、自宅や学校、職場以外でリラックスできる居心地の良い空間を意味します。

店内は快適でおしゃれな内装が特徴で、スターバックスをこのような第三の場所として利用することが企業の理念に反映されています。

しかし、店内での飲食とほぼ同じ金額を支払いながら、テイクアウトを選ぶと、この特別な空間を楽しむ機会を失うことになります。

これはテイクアウトのデメリットと言えるでしょう。

スターバックスのテイクアウト時に付属するアイテム

スターバックスでは、テイクアウトのお客様に便利なアイテムを提供しています。

これには以下のようなものが含まれます。

  • 紙袋
  • ケーキ用のボックス
  • クラフト紙の袋
  • ドリンク用のカップホルダー
  • マドラー
  • カップのスリーブ
  • おしぼり

これらのアイテムはすべて無料で提供され、商品を安全に梱包してくれます。

そのため、車の中などでコーヒーやフードを楽しむ際にも安心です。

ただし、保冷剤は付属していないため、暑い季節にケーキなどを持ち帰る際は、自分で準備することをおすすめします。

スターバックスでのテイクアウトの注文方法

スターバックスの商品をテイクアウトする際は、店頭、モバイルオーダー、ドライブスルーのいずれかで注文できます。

それぞれのシチュエーションに合わせた注文方法をお伝えします。

店頭での注文方法

店頭で注文する際は、事前に何を頼むかを決めておくとスムーズです。

選択肢を予め絞っておくことで、多くの人が並んでいる時でも焦ることなく注文できます。

何か不明な点があれば、スタッフに気軽に尋ねてみましょう。

スターバックスでドリンクをテイクアウトする際の手順

スターバックスでテイクアウトするドリンクの注文は、次の手順で行います。

  • 好きなドリンクを選ぶ。
  • ホットかアイスかを決める。
  • ドリンクのサイズを選ぶ。
  • カスタマイズする場合は、その希望を伝える(甘さの調整、ミルクの種類など)。
  • テイクアウトを希望することを伝える。
  • 会計を済ませる。
  • 支払い後、受け取りカウンターで商品を待つ。

これらの手順に沿って注文すれば、テイクアウトのドリンクをスムーズに注文できます。

アイテムの詳細やカスタマイズのリクエストは、はっきりと店員さんに伝えることが大切です。

スターバックスのフードをテイクアウトする際の手順

フードメニューのテイクアウトも、ドリンクと同じように行います。

  • 食べたいフードを選ぶ。
  • テイクアウトを希望することを伝える。
  • 温めてほしい商品があれば、その旨を店員さんに伝える。
  • 会計を済ませる。
  • 支払い後、受け取りカウンターで商品を待つ。

フードはテイクアウト用の容器に入れてもらい、受け取ります。

おしぼりやペーパーナプキンは、必要な場合は追加でお願いすることができますが、必要な分だけをお願いしましょう。

スマホアプリを使った「モバイルオーダー&ペイ」での注文方法

スターバックスの商品は種類が豊富で、カスタマイズオプションも多いため、初めての場合、店頭でのオーダーは少し時間がかかるかもしれません。

そんな時に便利なのが、スマホアプリを使った「モバイルオーダー&ペイ」です。利用方法は以下の通りです。

  • 公式アプリを開き、「モバイルオーダー&ペイ」を選択する。
  • 利用する店舗を選ぶ。
  • 「TO GO(持ち帰り)」を選択する。
  • 商品を選んで支払う。
  • 注文完了後、受取番号やニックネームが表示される。

この方法なら、アイスかホットか、どんなカスタマイズを加えるか、どのフードを合わせるかなどをじっくり考えることができます。

家やオフィスで事前にオーダーしてから店舗に行けば、並ぶことなくスムーズに商品を受け取れます。

ドライブスルーでの注文方法

スターバックスのドライブスルーでは、以下の手順で注文します。

  • スターバックスのドライブスルーレーンに並ぶ。
  • メニューボード前のマイクで、アイテム名、サイズ、追加のリクエストを明確に伝えて注文する。
  • 受取窓口で支払いを済ませ、商品を受け取る。

店舗によっては、ドライブスルーでも「モバイルオーダー&ペイ」を利用できる場合もあります。

この方法を利用すると、窓口で注文番号を伝えるだけで、よりスムーズに注文が完了します。

スターバックスのおすすめテイクアウトドリンク3選

スターバックスでは、どのドリンクもテイクアウトが可能ですが、特に持ち帰りに向いているドリンクを3つピックアップしました。

➀ドリップコーヒー(ホット/アイス)

ドリップコーヒーは、ショートからベンティまでの4つのサイズがあり、価格は350円から480円(税込)です。

ホットコーヒーのカロリーはショートサイズで13kcalからベンティで31kcal、アイスコーヒーは9kcalから16kcalです。アイスコーヒーは氷の量を調整して薄まりにくくすることもできます。

また、カスタマイズしなければ、フタがベタつかないのも嬉しいポイントです。

ドリップコーヒーは「One More Coffee​​」サービスの対象で、2杯目をお得に楽しむことができます。

②スターバックスラテ(ホット/アイス)

ラテも4つのサイズが選べ、価格は449円から580円(税込)。

ホットラテのカロリーは148kcalから357kcal、アイスラテは103kcalから166kcalです。

ホイップクリームやシロップ追加で甘さを調整でき、好みに応じてはちみつやキャラメルソース、チョコレートソースを無料で加えることも可能です。

受け取り時には、注文内容が正しいか確認し、カップのフタがしっかり閉まっているかもチェックしましょう。

③キャラメルフラペチーノ

キャラメルフラペチーノは、ショートからベンティまでの4サイズがあり、価格は535円から665円(税込)。

カロリーは271kcalから505kcalです。

追加のシロップやホイップクリーム、エスプレッソなどでカスタマイズすることができます。

持ち帰り時には、フタがしっかり閉まっていることを確認し、溶けないよう注意が必要です。

保冷バッグや保冷剤を持参すると、飲み頃の状態を保つことができますよ。

スターバックスのテイクアウトに最適なフードメニュー3選

スターバックスでは、フードメニューもほとんどがテイクアウト可能です。

店頭にはいつも新鮮なメニューが並んでおり、選ぶのが楽しみですね。

ここでは特にテイクアウトにおすすめの、3つの人気フードメニューを紹介します。

➀ハム&マリボーチーズ 石窯フィローネ

このサンドイッチは、香り高いハムとクリーミーなマリボーチーズが特徴的です。

価格は税込480円、カロリーは342kcal、アレルゲンには乳、小麦、豚肉が含まれます。

石窯で焼かれた「フィローネ」というパンには、ショルダーハムとマリボーチーズが挟まれています。

ハムの風味とチーズのコクが絶妙に合わさり、パンは外はサクッと、中はふわっとしています。

ランチや軽食に最適で、スターバックスのコーヒーと一緒に楽しむのにぴったりです。

②ニューヨークチーズケーキ

濃厚でクリーミーなニューヨークチーズケーキは、スタバで人気のデザートです。

価格は税込485円、カロリーは414kcal、アレルゲンには卵、乳、小麦、大豆、ゼラチンが含まれます。

伝統的なニューヨークスタイルのレシピに基づき、クリームチーズとザクザクしたクラムが組み合わされています。

シンプルながらも深い味わいで、コーヒーや紅茶と相性抜群です。手軽にテイクアウトでき、カフェタイムのお供に最適です。

③チョコレートチャンクスコーン

チョコレートチャンクスコーンはスターバックスの定番フードで、ほとんどの店舗で見かけることができます。

価格は税込300円、カロリーは358kcal、アレルゲンには乳、小麦、大豆が含まれます。

発酵バターとチョコレートを練り込んだ生地で作られたスコーンは、外側はサクサク、内側はしっとりとした食感です。

提供時には温めてもらえます。バターの香りがふんわりとして、生地に練り込まれたチョコレートの甘さが溶け出しています。

温かい状態で食べるのがおすすめです。

スターバックスでテイクアウトする際③つのポイント

 

スターバックスではほとんどのメニューがテイクアウト可能ですが、知っておくと便利なポイントが3つあります。

これらを覚えておけば、テイクアウト時に安心できます。

➀テイクアウト時に保冷剤は付かない

スターバックスでのテイクアウトには、保冷剤が付いてきません。

特に暑い時期には、保冷剤や保冷バッグを持参すると良いでしょう。

コールドドリンクを注文する際には、氷の量を減らしてもらうと、ドリンクが薄まりにくくなります。

また、クリーム系の冷たいドリンクやフードを持ち帰る際には、冷たいまま保つ工夫が必要です。

②フードのホイップクリームトッピングは店内のみ

店内でコーヒーやスイーツを楽しむ際、ホイップクリームのトッピングは特別な楽しみですが、テイクアウトではフードにホイップクリームのトッピングはできません。

テイクアウトでホイップトッピングを期待すると、少しガッカリしてしまうかもしれませんので、「テイクアウトではホイップトッピング不可」を覚えておくと良いでしょう。

③テイクアウト時のマイボトル利用がおすすめ

テイクアウト時には、マイボトルやタンブラーを持参することをおすすめします。

適温を保つことができる容器がベストです。

テイクアウトの場合、21円(税込)の割引が適用され、お得になります。

ただし、モバイルオーダー&ペイを利用する場合は、マイボトルやタンブラーを持参しても割引は適用されない点に注意が必要です。

スターバックスのテイクアウトメニューに関するFAQ

スターバックスでテイクアウトを利用すると、店内で飲食するよりも消費税が少し安くなります。

お得に楽しみたい方には特におすすめです。ここでは、テイクアウトに関するよくある質問に答えていきます。

Q. テイクアウトは店内飲食より安いの?

スターバックスでは、店内での飲食には消費税10%がかかりますが、テイクアウトは8%です。そのため、わずかですがお得になります。

Q. テイクアウト時の袋やその他のアイテムに料金はかかる?

テイクアウト時には、袋やカップ、カトラリー、紙ナプキン、お手拭きなどはすべて無料で提供されます。追加料金はかかりません。

Q. テイクアウト可能な時間帯は?

スターバックスでは、通常、開店時間から閉店時間までテイクアウトが可能です。

どの時間でも豊富なフードやドリンクを用意していますが、混雑時は待ち時間があることも。

急いでいる時はモバイルオーダー&ペイの利用が便利です。

店舗によっては早朝にオープンしていますが、早い時間に利用する場合は、事前に開店時間を確認すると安心です。

Q. フラペチーノの持ち帰りでの持続時間は?

フラペチーノをテイクアウトする場合、約20分が目安です。

氷が溶けやすいため、時間が経つと飲み頃が変わります。

ホイップクリームが乗っている場合は、約10分で溶け始めるので注意しましょう。

保冷剤や保冷バッグを使うと、冷たさを長持ちさせることができます。

テイクアウトしても、作りたての美味しさを楽しんでください。

Q. フードやスイーツの賞味期限はどのくらい?

スターバックスのフードやスイーツの賞味期限は、商品によって異なります。

フルーツなど生の食材を使用しているものは、できればその日のうちに食べることをおすすめします。

焼き菓子類も、できれば翌日までに食べると良いでしょう。

テイクアウトする際は、店員さんに賞味期限を確認するのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です